軽井沢ドリームハウス生活日誌

HOME > 10きょうの音楽 > 軽井沢大賀ホール・2010春の音楽祭

軽井沢大賀ホール・2010春の音楽祭

2010年2月19日金曜日 23:43 | 2 Comments | 0 Trackback

今朝はまたまた氷点下10度近くまで下がり、
寒い朝となりました。
先日に続き、今朝もダイヤモンドダストが舞う中の通勤となりました。

さて、そんな寒い日が続いていますが、
気がつけばもう2月も後半になります。
いよいよ今年の冬も、あと1カ月あまりと
なってしまいました。

冬が明けると、いきなりゴールデンウイークになるのが軽井沢。
そのゴールデンウィークに大賀ホールで開催される、
春の音楽祭のチケットが、先日発売になりました。

20100216-1.jpg

例年、大賀典雄さん指揮の東京フィルの演奏会で始まり、
いくつかのオーケストラコンサートと、
ポップスコンサートが組み合わされて、開催される音楽祭ですが、
今年は東フィルの他に、NHK交響楽団、
オーケストラアンサンブル金沢、群馬交響楽団が客演。
それに、ポップスコンサートは、何と郷ひろみです。
どうも豪華だと思ったら、今年は早い物で大賀ホール5周年なんですね。

昨年はコバケン・東フィルの悲愴を聴きに行きましたが、
今年は開催初日の大賀典雄指揮、東フィルの
ベートーヴェンの田園と英雄という、重厚なプログラムの演奏会の
チケットを早速購入しました。

20100216-2.jpg
20100216-3.jpg

今のところ会社も忙しいこともあって、
以前東京に住んでいたときには良くやっていた
会社が終わってからダッシュでコンサートというのは
全くやっていません。
だいたい、サントリーホールなどだと、
7時開演でプログラムによっては9時を回ってしまうので、
最終の新幹線にぎりぎり間に合うかなという感じですから
おちおち最後まで聴けませんが、
ここ軽井沢ならば安心。

だいたいが17:00開演ですから、
演奏会が終わってから、軽く食事をしても、
ちょうど良い時間帯です。

惜しむらくは、この春のコンサートをのぞくと、
オーケストラのコンサートが非常に少ないこと。
ホールの規模を考えたら仕方がないのですが、
せっかく音響も良いホールですし、
さすがにマーラーやショスタコーヴィチはきついでしょうが、
一般的な3管編成の曲ならば、
何とか舞台にもおさまりそうな感じなので、
ぜひ一月に一回ぐらい、オケの演奏会があると
非常にうれしい感じです。


今年の春の音楽祭、自分もチケット購入しましたよという方は
こちらからポチッと↓

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://karuizawa.sakura.ne.jp/mt5/mt-tb.cgi/6560

コメント(2)

svetlaさん、こんにちは。
この時期、晴れるとすっかり春めいてきますね。当方も、軽井沢に戻る日が近づいてきました。そろそろ水出しの段取りもしなくては・・・。

大賀ホール、近所にあってすごく便利ですが、ご指摘のとおり残念なのは室内楽や小規模編成の楽曲が興行的に多い、ということですね。
やはり、5月祭とか夏休み期間中でもよいので、2管編成以上の管弦楽を多く聞きたいところです。
軽井沢が、アメリカのタングルウッドや、イタリアのレガーノ、スイスのルツェルンのように避暑地リゾートの夏季音楽祭のメッカになって、「軽井沢音楽祭祝祭管弦楽団 (指揮:小澤征爾)」なんていうのが実現するのが夢ですが・・・。
誰か、企画してくれないかなあ・・・。
誰もやらないなら自分で企画しようかなあ。

ヨハンさん こんばんは
軽井沢も、寒いとはいえ日中は日差しの
ぬくもりを感じられるようになってきました。
さて、軽井沢でタングルウッドのような
夏季音楽祭、とてもすばらしいですよね。
音楽祭のみならず、せっかくこれだけ民宿や
ペンションがあり、テニス人口の減少で
厳しい経営の場所も多いようですので、
音楽合宿が出来ると言うのも良いかもしれませんね。
私も以前アマチュアブラスに入っていましたが、
音楽合宿の場所探しにはとても苦労していました。
ポイントはティンパニ。
民宿でティンパニを用意しているところが
千葉県の岩井や河口湖などにあり、
どこも予約に一苦労していました。
町でティンパニ購入の助成などすれば、
アマチュアブラスやオケは
東京にたくさんあるので、
意外とオフシーズンなどに音楽合宿を
誘致できるかもしれません。
町の活性化にもなるんじゃないかと思ったりしています。

Copyright © 軽井沢ドリームハウス生活日誌 All Rights Reserved.