軽井沢ドリームハウス生活日誌

HOME > 02ちょっとお出かけ > 大人の修学旅行-1「広島・原爆ドーム」

大人の修学旅行-1「広島・原爆ドーム」

2012年9月16日日曜日 21:28 | 0 Comment | 0 Trackback

ということで、順次写真と、書くことの整理がついてきたので、
今回の久しぶりの大旅行の旅行記を書くことにしましょう。
今回は最終目的地はハウステンボスだったのですが、
昨日も書いたように、私と母が大の飛行機嫌いなので、
ハウステンボスまで新幹線と在来線を乗り継いで向かいました。
とはいえ、さすがに一直線にハウステンボスまで東京から向かうのは
ちょっと難しかったのと、
私の休みの関係で、両親とうちの奥さんだけ先に向かい、
会社終了後に私が新幹線でおいかけて途中で私が合流すると言うことで、
広島で落ち合うことにしたのです。
さらに広島ならば、翌日両親が行きたがっていた
宮島にも行くことが出来ます。
ということで深夜に無事広島に到着しました。

今回宿泊したのは、広島の中心地、紙屋町からほど近い
リーガロイヤルホテル広島。
中四国随一の高層ホテルで、今回は北側の客室だったので
真下に広島城を望む、とても見晴らしの良いホテルです。

20120916-1.jpg

そして、翌朝、散歩で向かったのがこちら。

20120916-3.jpg

日本人ならば、決して忘れては行けない場所の一つ、
世界遺産・原爆ドームです。
いつ見ても、原爆が炸裂した当初のままに残されたこの建物を見ると、
胸がつぶれそうになります。

そこからさらに広島平和記念公園に向かいます。

20120916-9.jpg

とても大きな広場で、正面には馬蹄形の慰霊碑、
その背後には広島平和記念資料館があります。

20120916-10.jpg

そして今回初めて気づいたのですが、
馬蹄形の慰霊碑の前に立つと、
背後にある原始の火と、その背後にある原爆ドームが、
何と一直線に並ぶのですね。

20120916-11.jpg

ほらこの通り。

20120916-12.jpg

慰霊碑に黙礼すると、その馬蹄形の窓の中に凄惨な原爆ドームが
頭を持ち上げたときにいの一番に目に入るので、
過ちは繰り返しませぬから・・・という慰霊碑の碑文の言葉が、
本当に心に染みます。

そしてもちろん、原爆慰霊碑を反対側から見ると、
今度は慰霊碑越しに、壮大な広島平和記念館が一直線の線上に見えます。

20120916-4.jpg

ということで、平和記念館と、慰霊碑、原爆の火、原爆ドームが
すべて一直線に並ぶのです。
今回は久しぶりの原爆ドームなのですが、
以前来たときはそんなことに全く気づきませんでした。

この素晴らしい平和公園の設計をしたのは丹下健三。
その構想力に脱帽です。

気づいたと言えば、もう一つ。
原爆ドーム、見る角度によって、印象が全く変わるのですね。

20120916-5.jpg
20120916-6.jpg
20120916-8.jpg

しかしこれだけの惨禍にみまわれながら、
その周囲に広がる広島の町並みは、
原爆という悲惨な被害を受けたとは思えない、
日本でも有数の美しい町並みとなりました。
その美しい町並みを形作る上で欠かせないのが、
広島名物の路面電車。

20120916-2.jpg
20120916-7.jpg

しかし、久しぶりに見ましたが、ずいぶん長大な編成が
走るようになったのですね。さすがは日本一の路面電車王国です。
いいなぁ、路面電車。
東京でも、私の実家がある東京の下町方面は道路も広く、
南北の交通が不便な部分があり、でも地下鉄を掘るほどでもないので、
本当は路面電車があればとても便利なのに・・と前から思っていました。
エコで便利な路面電車、日本でももっと普及すればよいのに。

ということで、原爆ドーム探訪からスタートした今回の旅、
広島に長崎と、修学旅行のような日程になってしまいました。
ということで、「大人の修学旅行」と銘打ち、
何回かお届けしていきます。あ~何日で終わるだろうか・・・
旅して喰って、旅して喰って・・・ネタをたくさん仕入れすぎて
どこから手をつけて良いかわからない感じです。
ま、しばらくお付き合いくださいね。


大人の修学旅行、楽しみにしていますよと言う方はこちらからポチッと!
しばらく軽井沢ネタがちょっと減りますが、変わらずポチッとお願いいたします。
ツイートボタンも設置したので、よろしかったらつぶやいてくださいまし。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif


★★★★コメントをいただける方へ★★★★

大変申し訳ございませんが、書き込み後に送信ボタンをクリックすると、
エラー画面になってしまいます。
何度か修正を試みたのですが、原因が私の技量ではわからず、
なかなか正常な状態に戻っておらず、申し訳ございません。
エラー画面になっても、
書き込みとしては成立していることがほとんどなので、
大変申し訳ございませんが、
書き込み後はしばらく様子を見ていただければ幸いです。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。
そして、不具合にめげず、励みになりますので、
是非お気軽にコメントをいただければ幸いです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://karuizawa.sakura.ne.jp/mt5/mt-tb.cgi/7449

コメントする

Copyright © 軽井沢ドリームハウス生活日誌 All Rights Reserved.