軽井沢ドリームハウス生活日誌

HOME > 02ちょっとお出かけ > 軽井沢から能登の旅1-まずは近江町市場で腹ごしらえ

軽井沢から能登の旅1-まずは近江町市場で腹ごしらえ

2013年4月30日火曜日 21:50 | 0 Comment | 0 Trackback

ということで、今回はとてもたくさんのネタがありますので、
何回かに分けてお届けします。

さて、能登には今回車で行ったわけですが、
考えてみたら再来年の春には長野から金沢まで長野新幹線が
延伸されます。
路線名は北陸新幹線とするのか、長野の名前を残すのかは
現在もめていますね。
私は個人的には長野もやめてしまい、北陸信越新幹線か
北信越新幹線がいいと思うのですが・・・

今回も、高速からほぼ建設が完了した新幹線の線路が
あちこちからのぞめ、既に駅らしきものもほぼできあがっている感じでした。
これが出来ると、軽井沢から金沢までは2時間足らずとなるそうです。
そうすると、能登や金沢はもっと気軽に行けるかもしれませんね。
そのときの予習もかねて、
今回はまずは金沢に立ち寄ってから能登に向かうことにしました。

軽井沢は朝6時半頃出発したのですが、
途中東部湯の丸サービスエリアで朝飯を食っていったので、
そこを出発したのが8時過ぎ。
さらに途中、上越近くの名立谷浜SAで休憩したので、
金沢に到着したのは11時半頃となりました。
それでも東部湯の丸から3時間あまり。
軽井沢からなら、4時間かからずに到着する感じです。

昼飯には少し早かったのですが、先に腹ごしらえをしようと向かったのは、
加賀百万石の城下町金沢の台所、近江町市場です。

20130429-4.jpg

金沢市中心部の、百貨店やブランドショップなどが並ぶ一角に、
アーケードになって、北陸の新鮮な魚介類や、加賀野菜などを並べる店が
所狭しと並んでいます。

20130429-1.jpg

東京で言えば、築地の場外や、アメ横といった感じですね。

その食べ物の宝庫、近江町市場でテンションが上がりまくり、
買い物モード炸裂になりそうだった食いしん坊なsvetla家。
道中はまだ長いので、そこはぐっと我慢し、
まずは旨いもので腹ごしらえです。

近江町市場と言えば海鮮丼だそうですが、
海鮮丼はこのあと能登へ行っても食べる予定があったので、
今回は地元でも人気店だという回転寿司の店に向かいました。

20130429-2.jpg

かいてん寿司「大倉」です。
店内はすべてカウンター席で、それも40名も入れば
いっぱいになりそうなこぢんまりとした店です。

回っているものも豊富ですが、職人さんも多いので、
見当たらないネタはその場で言えばすぐに握ってもらえます。
さすがは北陸で、ブリやホタルイカ、白エビなど、地物ネタが多数。
どうもすしネタ商社の直営らしく、
ネタも中々大きく、しかも新鮮。

20130429-3.jpg

こちらは北陸の名産三種を握ったもの。
ちなみに左からバイ貝、鱈の昆布締め、地物甘エビです。
どれも甘みがあって、最高に旨かったです。
さすがは近江町市場。旨いものにありつけて、
幸先の良いたびのスタートとなりました。

腹ごしらえが済んだので、次は金沢最大の観光名所、
兼六園に向かいます。


おかげさまで100万アクセス突破!
さあ、次の節目に向けて、今日も一つ、ポチッとお願いいたします!

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif


★★★★コメントをいただける方へ★★★★

大変申し訳ございませんが、書き込み後に送信ボタンをクリックすると、
エラー画面になってしまいます。
何度か修正を試みたのですが、原因が私の技量ではわからず、
なかなか正常な状態に戻っておらず、申し訳ございません。
エラー画面になっても、
書き込みとしては成立していることがほとんどなので、
大変申し訳ございませんが、
書き込み後はしばらく様子を見ていただければ幸いです。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。
。そして、不具合にめげず、励みになりますので、
是非お気軽にコメントをいただければ幸いです

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://karuizawa.sakura.ne.jp/mt5/mt-tb.cgi/7753

コメントする

Copyright © 軽井沢ドリームハウス生活日誌 All Rights Reserved.