軽井沢ドリームハウス生活日誌

HOME > 02ちょっとお出かけ > 軽井沢から能登の旅6-禄剛崎から千枚田へ

軽井沢から能登の旅6-禄剛崎から千枚田へ

2013年5月 5日日曜日 22:29 | 0 Comment | 0 Trackback

さて、念願だった珪藻土コンロを購入したので、
いよいよ能登半島の先端珠洲から、輪島まで能登半島を半周します。
まず向かったのは、能登半島の先端にある、禄剛崎。
ここは日本海の海の要衝で、禄剛崎灯台があります。

20130505-10.jpg

ここは、少し高台になっており、
しかも、能登の内浦と外浦を分けるところに当たるので、
ものすごく見晴らしがよい場所です。
またまたパノラマ写真で、撮影してしまいましたので
どうぞ大きく拡大してご覧くださいね。

20130505-8.jpg

高台にある分、ここまであがるのがちょっと大変で、
結構な急坂を息を切らしながら登っていきます。
そうすると、上の写真のような見事な絶景が。
そして海に続く断崖の下は、千畳敷海岸となっており、
しかも海の水が透き通っているので、
中の岩場までが上からでもしっかり見えます。

この禄剛崎からは、途中の曽々木海岸までの道路は、
能登半島でも有数の景色がよい道路。
道の両脇に菜の花が咲き誇る中、
気持ちよいドライブが続きます。
途中では、形式の良い海岸に少し車を駐めて、
写真撮影タイム。

20130505-11.jpg
20130505-12.jpg
20130505-14.jpg

残念ながら、ちょうど西日が回ってきてしまったので、
逆光気味の写真になってしまいましたが、
途中には様々な奇岩や海に注ぐ滝などがあり、
その近くには車を駐められる駐車スペースが設けられているので、
しっかり観光できます。

そしていよいよ、観光名所の輪島の千枚田へ。

20130505-17.jpg

棚田は、この辺りにもいくつもありますが、
ここ輪島の千枚田は、その規模と、さらに海に向かってかなりの急斜面に
作られているのが、ここまで有名になった理由の一つだと思います。
実際に見てみると、かなり壮観です。

20130505-16.jpg

ちょうど水が張られ、早くも農作業が始まっていましたが、
この傾斜地で、しかも田んぼは面積が狭いので、
ほぼ手作業に近い形で作業が進むようです。
本当に凄いご苦労だと、実感しました。

20130505-15.jpg

ここからは、輪島まではあとわずか。
この日は、輪島で一泊します。
輪島ではお待ちかねの温泉もある旅館を予約しました。
そこを目指し、夕日を浴びながら、輪島に向かいます。


おかげさまで100万アクセス突破!
さあ、次の節目に向けて、今日も一つ、ポチッとお願いいたします!

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif


★★★★コメントをいただける方へ★★★★

大変申し訳ございませんが、書き込み後に送信ボタンをクリックすると、
エラー画面になってしまいます。
何度か修正を試みたのですが、原因が私の技量ではわからず、
なかなか正常な状態に戻っておらず、申し訳ございません。
エラー画面になっても、
書き込みとしては成立していることがほとんどなので、
大変申し訳ございませんが、
書き込み後はしばらく様子を見ていただければ幸いです。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。
。そして、不具合にめげず、励みになりますので、
是非お気軽にコメントをいただければ幸いです

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://karuizawa.sakura.ne.jp/mt5/mt-tb.cgi/7761

コメントする

Copyright © 軽井沢ドリームハウス生活日誌 All Rights Reserved.