軽井沢ドリームハウス生活日誌

HOME > 02ちょっとお出かけ > 高原列車の旅その1~初めて小海線に乗ったぞ!

高原列車の旅その1~初めて小海線に乗ったぞ!

2010年6月 7日月曜日 22:16 | 2 Comments | 0 Trackback

さて、先週実家へ帰省したうちの奥さんを
出迎えに行くことになりました。
今回は自分で車を運転して帰り、
私が助手席でナビゲートしたので、
先週日曜日は夕方電車を乗り継ぎ帰り、
今週も電車で奥さんの実家へ迎えに行って、
帰りは一緒に車で帰ってくるというわけです。

先週日曜日の帰りがけは、
検索したところ東京経由が早かったので、
山梨=>立川=>西国分寺=>武蔵浦和=>大宮=>軽井沢
という、書くだけでも気が遠くなりそうなルート
(乗り換え全3回)だったのですが(でも2時間48分!)、
昨日は、昼前に山梨に着かなくてはということで
検索したところ、小海線経由が早いという
乗り換え案内のご託宣。

ダイヤ検索ソフトは信用していないので、
西村京太郎よろしく本の時刻表でちゃんと調べたところ、
間違いなく小海線の方が早そうです。
ということで、初の小海線乗車と相成りました。

ルートは軽井沢=>佐久平=>小淵沢=>山梨というルートです。
今回は乗り換えが2回で済みます。
軽井沢駅を朝8時12分の新幹線で、
いつもの通勤とは逆方向に出発し、佐久平に向かいます。
うちの家を建てている際に、佐久平で降りて
駅前のビジネスホテルに泊まって建築現場に通って以来、
久しぶりに佐久平で下車しました。
そして小海線の駅ですが、いったん改札を出て、
駅の片隅の細い通路を出ると、このような高架の駅に出ます。

201000606-0.jpg

単線なので、向かって左が小淵沢、右が小諸方面になります。
昨日は晴れていたので、はるか蓼科の山々まできれいに見えて、
なかなか見晴らしがよい駅ですが、
冬、雪の日などはちょっと待つのがつらそうです。

昨日は快適だったので、景色を見渡しているうちに
ほどなく列車がやってきました。

201000606-1.jpg

残念ながら、今回は小海線名物の
ハイブリッドディーゼルカー「こうみ」ではありませんが、
昔のディーゼルカーに比べると、はるかにきれいな最新車両です。

佐久平を出ると、すぐに岩村田に停車。
東急世田谷線並みの短い駅間です。
それもそのはず、佐久平は新幹線開業で出来た新しい駅なので、
こんなに近いらしいのですが、
そもそも小海線の小諸~小海間は、
私鉄として建設されたので、きわめて駅間が短いそうですよ。
確かに、小海まではかなり頻繁に止まります。

そうして、めまぐるしく止まっているうちに、
途中の中込駅で今回乗りそびれた「こうみ」と行き違いしました。

201000606-2.jpg

小諸方面行きの「こうみ」は満員でしたが、
我が方の車両といえば、途中の臼田をすぎると
車内はこんな有様。

201000606-5.jpg

ガーラガラです。でも、少しは客が乗っていたみたいで、
後ろの方でバリボリ何か食っている音がしたかと思ったら、
プーンとなにやらにほいが・・・

こるぁ~ダレだ!電車ん中で、たくあん食っているの!!

・・・・でもなんだかとってものどかです。

さて徐々に佐久平の平地が狭くなり、
窓の外にこんな光景が広がるようになってくると、

201000606-3.jpg

小海線の名前の由来ともなった小海に到着します。
駅もさすがに立派ですね。

201000606-4.jpg

でそもそも小海の名前の由来は・・・
なんだか長くなりそうなので、先へ進みますね。
この話題、先日の信濃毎日新聞に答えが出いたので、
詳しくはまた別項で。

小海を出ると、さらに勾配がきつくなり、
本格的な山岳電車になってきます。
ディーゼルエンジンの出力も全開にして、
そろそろと坂道を登っていきます。

実は上の小海の写真に写っている川は千曲川。
小海をすぎるとこの千曲川の河岸を縫うように列車が進みます。
その千曲川自体も、どんどん渓谷の雰囲気となります。
このように岩がごろごろ転がっている荒々しいところもあれば、

201000606-6.jpg

山が迫るけれど、穏やかな流れのところが
車窓の右左にめまぐるしく登場します。

201000606-7.jpg

なかなか大興奮。この列車、面白いですよ!

そして勾配だけでなく、谷間を縫うように進むので、
こんな急カーブもしばしば登場。

201000606-8.jpg

分かりますかね、向かって右手に円弧を描いて進む列車。
2両編成なのが悔やまれます。
もっと編成が長ければ、先に進む列車が見えたりするのにね。

・・・・とここまで書いたところで、長い・・・・

一気に書いてしまおうかと思いましたが、
続きはまた明日。


続きが楽しみなので、明日も読むよと言う方は
こちらからポチッと↓

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://karuizawa.sakura.ne.jp/mt5/mt-tb.cgi/6658

コメント(2)

希須林ファン | 2010年6月 8日 07:32

お早う御座います。人気ログハウス・ランキング、とうとう首位に、オメデトウ御座います。ポチッ。
人気ブログ・ランキングももう一歩。不信感だらけの内閣の支持率よりも、svetlaさんの支持率の方に毎日興味津々。
小海線、これと平行して走っているR141を何度か通りましたが、日本最高点の野辺山駅や避暑地の清里がありますね。ローカルなディーゼル・カーの旅、時速300キロのユーロスターや260キロの新幹線より趣がありますね。

希須林ファンさん こんばんは
ポチ、どうもありがとうございました。
おかげさまで、ずいぶん多くの方にご覧いただき、
うれしいやら、恥ずかしいやら。
今後も適当に更新していきますので、
どうぞご覧いただければ幸いです。
さて小海線、本当に絶景でした。
まだお乗りになっておられなかったら、
是非乗ってみてください。オススメしますよ!

Copyright © 軽井沢ドリームハウス生活日誌 All Rights Reserved.