軽井沢ドリームハウス生活日誌

HOME > 02ちょっとお出かけ > 長野県信濃美術館・東山魁夷館へ

長野県信濃美術館・東山魁夷館へ

2010年7月 6日火曜日 22:57 | 2 Comments | 0 Trackback

さて、善光寺に詣でたあと、まだまだ時間があったので、
これまでなかなか行く機会がなかった
長野県信濃美術館の東山魁夷館に行くことにしました。
東山魁夷館は、善光寺の向かって右手(東側)にある
城山公園の中にあります。
信濃美術館は、相当くたびれ気味の建物でしたが(オッと失礼)
その向かって左手にある東山魁夷館は
とても近代的な建物です。

20070706-0.jpg

小さな入り口の脇に、これまた小さな看板がついていました。

20070706-1.jpg

この東山魁夷館は、東山魁夷画伯がまだ生前に、
自作の管理を、風景画家として何度も訪れ、
画伯にとっての心のふるさとともなっていた信州に
託したいと言うことで、「緑響く」などの代表作など
数百点の絵画・資料の寄贈を受け、開館したそうです。
年に何回かの企画展を実施し、その都度収蔵品を入れ替えて
展示しているとか。
今回は「絵のなかのリズム」と題し、
音楽好きとしても知られる東山画伯のリズミカルな構図を感じさせる作品を中心に
展示されていました。

7/15からは開館20周年記念として、
「白い馬の見える風景」と題し、馬を中心にした作品を、
そして10月1日からは「信州賛歌」と題し、
信州にまつわる作品を展示するようです。
また行かなきゃ。

帰りがけ、最も有名な作品のひとつである
蓼科の御射鹿池をモチーフにした「緑響く」と

20070706-3.jpg

京都祇園の円山公園の有名なしだれ桜をモチーフにした
「花明り」などのポストカードを購入してきました。

20070706-4.jpg

この美術館、しばらく通うことになりそうです。

その後善光寺の境内を抜け、表参道に戻ってきたら、
なにやら歩行者天国になって、派手な法被を着た人たちが。

20070706-2.jpg

何かと思ったら、善光寺表参道夏祭りだったそうで、
信濃毎日新聞にも紹介されていました。
そんなまつりがあったのですね。

これより規模が大きいのは、8月に開かれる長野びんずる。
今年は見に行ってみようかな。
あ~いつの間にか、夏祭りのシーズンだったのですね。
ついこの間まで雪が降っていたと思ったのに・・・


東山魁夷館、今年はこれからとても面白そうですねと思った方は
こちらからポチッと↓

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://karuizawa.sakura.ne.jp/mt5/mt-tb.cgi/6688

コメント(2)

私もここには何度も通っています。
1階奥にある織物の絵を見ましたか?
あそこのスペースが一番好きだったりします。

緑響くの複製画を買いました。
リトグラフが欲しかったけど、今はこれで我慢かな。
次に行く時は行く秋を買う予定です。

さちさん こんばんは
見ましたよ、織物の絵も。
あと、エプソンが複製したインクジェットのものも
その再現性に驚いてしまいました。
うちも複製画、買おうか迷ったのですが、
確かうちにあったはずなので
それを探してからと、ちょっと我慢しました。

Copyright © 軽井沢ドリームハウス生活日誌 All Rights Reserved.