軽井沢ドリームハウス生活日誌

HOME > 02ちょっとお出かけ > 諏訪湖全国新作花火競技大会

諏訪湖全国新作花火競技大会

2010年9月 5日日曜日 21:42 | 4 Comments | 0 Trackback

ということで、昨晩諏訪から無事軽井沢に帰って参りました。
今回は、軽井沢を朝早く出て、
10時過ぎには既に諏訪に到着。
いち早く駐車場に車を止め、
その後とあるところに出かけて時間をつぶしていました。
どこに行ったかはまたオイオイご紹介するとして、
お待ちかねの花火です。

今回は新作花火競技大会と言うことで、
スターマイン、競技花火、スターマイン、競技花火
といった順番で打ち上げられていきます。

今年は御柱イヤーということで、「よいさ、よいさ」のかけ声で
いよいよ花火大会の開幕ですよ。
と、いきなり怒濤のスターマイン。
よく言われますが、打ち上げ音が周囲の山々にこだまして、
ものすごい重低音となって腹の底から響いてきます。
ということで、しばし花火写真をご鑑賞下さい。
鑑賞に堪えられるかどうかは微妙ですが・・・
一生懸命歓声の合間に撮影してみました。

20100905-0.jpg
20100905-1.jpg
20100905-2.jpg
20100905-3.jpg
20100905-4.jpg
20100905-16.jpg
20100905-5.jpg
20100905-6.jpg
20100905-7.jpg

一気にご覧いただきましたが、
新作花火の、ハートが上がったり、桜の花の形に開いたり、
あじさいの形に開いたりという、斬新な花火もすばらしかったのですが、
やはり初めて諏訪湖の花火を見る身としては、
最後の水上スターマインが圧巻。

20100905-8.jpg

諏訪湖の湖上に扇形に上がる花火が徐々に近づき、
最後にその上に巨大な大輪の花が開くラストは
本当に感動しました。
普段、矢ヶ崎公園の花火で感動している身としては、
わざわざ軽井沢から行った甲斐がありました。

やはりこれだけの花火なので、
全国各地から諏訪めがけてお客さんがやってくるはずです。
花火の終了後は聞いてはいましたが、
人人人の波。

20100905-9.jpg
20100905-15.jpg

今回は止めた駐車場が歩行者天国エリアにあったため、
22時まで出庫できませんでしたので、
急ぐことなく、会場あたりをぶらぶらして
花火の余韻に浸っていました。

22時に駐車場を出て、少し諏訪市内の渋滞に巻き込まれましたが、
霧ヶ峰に向かう県道に入ってからは実にスムース。
というより、さすがに車通りはほとんどありません。
0時を少し回るぐらいには、軽井沢に無事到着しました。
朝早くから出かけて、それなりにくたびれましたが、
そんな疲労は吹っ飛んでしまいそうな
すばらしい花火。
これ、やみつきになりそうです。
来年は8月の花火に、是非行ってみようかな・・・


自分も来年は行きたくなってしまったよ~という方は
こちらからポチッと↓

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://karuizawa.sakura.ne.jp/mt5/mt-tb.cgi/6755

コメント(4)

おお、素晴らしい写真とレポートありがとうございます!
偶然のよいタイミングが重なりましたね 羨ましいなあ

実は毎年行きたいと願いつつ、
まだ1度も観に行かれていないんです。
盆時期の花火よりも興味深く来年こそ!と毎年想うのですが。

でも、ちょっと行った気分に浸れました。
残暑も続いているので夏休み気分が少し楽しめましたよ
ありがとうございます^^

羨ましい限りです。昨年の8月の湖上祭を家内たちが見てきて感動していましたので、チャンスがあれば是非私もと思っています。大曲の花火もBSで見ましたが、やっぱり本物の音とその迫力は現場で見ないと駄目ですよね。

さくらいかるいざわさん こんばんは
本当に偶然が重なり、
すばらしい花火を見ることが出来ました。
東京から行くとなると、渋滞があるため
きっと二の足を踏んでしまいますが、
軽井沢拠点だと、渋滞の心配なく
ホイホイ出かけられるのが、
本当にすばらしいです。
ここに住むきっかけを作っていただいた
さくらいさんのおかげと、
本当に感謝感謝です。
紅葉の季節になったら、また霧ヶ峰経由で
片倉館に行きたいと思っています。

44kazuさん こんばんは
本当にすばらしかったので、
来年はいよいよ8月の花火に行きたいと、
今から情報収集に勤しんでいます。
でも8月の花火は今回より人気があるので
なかなか大変そうですね。
渋滞もさらにすごいそうですから、
そこが悩みどころです。

Copyright © 軽井沢ドリームハウス生活日誌 All Rights Reserved.