軽井沢ドリームハウス生活日誌

HOME > 02ちょっとお出かけ > 風情ある町並みの会津若松

風情ある町並みの会津若松

2012年3月22日木曜日 23:03 | 0 Comment | 0 Trackback

さて、会津に行ったからには、会津若松に行かないわけにはいきません。
これまでスキーのついでに、何度か立ち寄ったことはあったのですが、
じっくり町歩きをしたことがなかったので、
今回はゆっくりと歩き回ってみることにしました。
目指すは会津若松のシンボルで、戊辰戦争の舞台となった鶴ヶ城と
その近くにある繁華街、七日町を目指します。

会津若松市は、いわき、郡山、福島に続く県内4番目の街で、
人口はおよそ13万人。古くから栄えた会津盆地の中心地だけあって、
古くからの建物も多く残り、風情ある町並みとなっています。

20120322-1.jpg

中でもひときわ威容を誇るこちらの建物。

20120322-2.jpg

会津の伝統工芸品である、会津塗の製造直売を行う白木屋漆器店の建物で、
大正3年に建てられた建物だそうです。
中では高級な漆器から日常使い出来そうなお手頃な漆器などが
展示販売されています。

こちらは味噌や漬け物を扱う満田屋。

20120322-3.jpg

会津のみそ漬けはとても美味しいので、
我が家もいくつか購入して帰ってきました。

お次は先日も写真だけお届けした鶴ヶ城へ。

20120322-6.jpg

5層の天守は、幕藩時代のものではなく、
昭和40年に復元されたものだそうですが、
数年前に修復されたそうで、白亜に輝く見事な天守です。
そして屋根は赤瓦。これも数年前に復元されたそうですが、珍しいですね。

城内にはたくさんの桜の古木がありました。

20120322-5.jpg

まだまだつぼみは堅かったのですが、
あと1カ月足らずで桜が咲くと思いますので、
そのころはまた見事な城の姿となることでしょう。
機会があったら、そんな時期にもまた是非来てみたいと思います。


会津若松って、こんなに良いところだったんですねと思った方は
こちらからポチッと!
ツイートボタンも設置したので、よろしかったらつぶやいてくださいまし。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://karuizawa.sakura.ne.jp/mt5/mt-tb.cgi/7262

Copyright © 軽井沢ドリームハウス生活日誌 All Rights Reserved.