軽井沢ドリームハウス生活日誌

HOME > 02ちょっとお出かけ > 福島旅行を終えて

福島旅行を終えて

2012年3月26日月曜日 21:44 | 0 Comment | 0 Trackback

ということで、昨日の大内宿をもって、
今年最初の大イベント、福島旅行記は終了です。
しかし、このまま終わってよいのかどうか、ちょっと迷っていたのですが、
思い切って書くことにします。

実は今回、迷ったあげくに鞄の奥底にしまい込んだものがありました。
それはこちら。

20120326-1.jpg

自宅で使っているエステーのエアカウンターです。

しかし、結局鞄から出すことは一度もありませんでした。
裏磐梯猫魔スキー場のWebサイトで発表されている放射線量は
今日時点で0.03μSv(地上1m)。
ちなみに、軽井沢病院で測定している放射線量は
3/23で0.076μSv、
勤務先の東京都千代田区の放射線量は
3/14の千代田区役所の数値で0.07μSvと、
猫魔よりも遙かに高いのです。

そして何より、ホテルの従業員の方も、
美味しいけんちんうどんの店の方も、
喜多方ラーメンの方も、
スキー場の方も、
その他、あちらこちらで我々旅人をもてなしていただいた
多くの地元の方々は、普通に生活し、
そして普通に私たちを歓迎していただきました。

おそらくは、かけがえのない美しいふるさとを
台無しにしてしまった出来事に対する許し難い憤りを持った方や
実際に身内の方に被害が出てしまい、
大きな悲しみを抱えている方も
中にはおられたのかもしれません。
裏磐梯猫魔ホテルも、
昨年の今頃は大きな不安と悲しみを抱えた被災者の方の
避難所となっていたと聞きます。
そこで働いている方は、おそらくいろんな修羅場も
目の当たりにしたことでしょう。

しかしそんなことはおくびにも出さずに、
福島を旅した我々を本当に温かく迎えていただいたので、
我々も心地よくそのもてなしに身をゆだねました。
本当に素晴らしい旅でした。
そんなところで、とても鞄から出して・・・などという
行為はとれるはずもなく、とる気にもなりませんでした。
むしろ、持ってきたことをとても後悔しました。

風評被害で、観光客が減って大変だ・・・というようなニュースを
今年になってからも見たような気がします。
しかし、スキーを除けば本来はシーズンオフであろうこの時期に
ホテルは何組もの団体客が来ていたようですし、
喜多方のラーメン屋を巡る多くの観光客の姿をみかけました。
それを見て、とても安心すると同時に、
もっと多くの方に、この地を訪れてほしいと思いました。

我々も次回は何の心配もなく、
また楽しく美味しい福島・会津観光を楽しみに行きたいと思います。


読んだよの印に、今日も是非1ポチを!

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://karuizawa.sakura.ne.jp/mt5/mt-tb.cgi/7266

Copyright © 軽井沢ドリームハウス生活日誌 All Rights Reserved.