軽井沢ドリームハウス生活日誌

HOME > 02ちょっとお出かけ > 強烈、草間彌生バス

強烈、草間彌生バス

2012年9月12日水曜日 23:12 | 0 Comment | 0 Trackback

さて、諏訪の新作花火大会と、
先週末のサイトウ・キネン・フェスティバル松本の
2週連続で訪れた松本。
松本に行ったら、やはりここに行かなくては・・・ということで、
蔵造りの家並みが連なる中町通りに繰り出しました。

20120912-1.jpg

暑かったのですが、天気は良かったので、
白壁が初秋というより、晩夏の強い光に
見事なコントラストとなっています。

20120912-2.jpg

そんな中町通りをぶらぶらと歩いていると、
なにやら後ろに大きな車の気配が。
何かと思って振り返った目に飛び込んだのが、
こちらのバスでした。

20120912-3.jpg

白の車体に、全面赤い水玉がちりばめられた、
インパクト絶大なこのバス、
松本出身の前衛芸術家、草間彌生さんデザインのバスで、
この中町通りやあがたの森など、
松本市内中心部の名所を巡る循環パス、
タウンスニーカーの車両として走っているのだそうです。

このタウンスニーカーも停まる途中の松本市美術館では
現在11/4まで、松本市美術館開館10周年記念展
草間彌生 永遠の永遠の永遠」を開催中。
このバスの比ではない、強烈なインパクトの作品が
松本市美術館の前庭に展示されているのを、
車で通りながら横目に見てしまいました。

それにしても、松本城や中町通り、そして昨日の枇杷の湯と
藩政時代からの古き良き城下町の風情がある一方で、
サイトウ・キネン・フェスティバル松本や、
草間彌生さんのような前衛芸術の展覧会が開かれる、
最先端の文化が身近にある町でもあります。
そして、信州大学があるせいか、
長野よりも何となく町に活気があります。
昨日も書きましたが、松本は本当に奥が深い町です。


すごい強烈なインパクトのバスですねと思った方は
こちらからポチッと!
ツイートボタンも設置したので、よろしかったらつぶやいてくださいまし。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif


★★★★コメントをいただける方へ★★★★

大変申し訳ございませんが、書き込み後に送信ボタンをクリックすると、
エラー画面になってしまいます。
何度か修正を試みたのですが、原因が私の技量ではわからず、
なかなか正常な状態に戻っておらず、申し訳ございません。
エラー画面になっても、
書き込みとしては成立していることがほとんどなので、
大変申し訳ございませんが、
書き込み後はしばらく様子を見ていただければ幸いです。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。
そして、不具合にめげず、励みになりますので、
是非お気軽にコメントをいただければ幸いです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://karuizawa.sakura.ne.jp/mt5/mt-tb.cgi/7445

コメントする

Copyright © 軽井沢ドリームハウス生活日誌 All Rights Reserved.