軽井沢ドリームハウス生活日誌

HOME > 02ちょっとお出かけ > 初めての長野えびす講煙火大会は素晴らしかった!

初めての長野えびす講煙火大会は素晴らしかった!

2012年11月26日月曜日 20:54 | 0 Comment | 0 Trackback

昨日は軽井沢プリンスショッピングプラザの
プラチナバーゲンの話題をお届けしたので、
ちょっとまとめが遅くなってしまいましたが、
11/23に開かれた、長野えびす講煙火大会に、
念願かなって初めて行った話題を、改めてお届けしますね。

11月に開催とはお珍しいこのえびす講煙火大会ですが、
回数を聞いてびっくりの、今回で第107回!
記録が残っているところでは、1889年(明治22年)から行われており、
さらにさかのぼれば、江戸時代にも実施の記録があるという花火大会で、
日本でも有数の歴史がある花火大会だそうです。

そもそも、「えびす講」って何?と言うことですが、
元々は長野にある西宮神社の秋祭りとして行われたものだとか。
西宮神社と言えば、兵庫県西宮の西宮神社が総本社で、
商売繁盛の神様であるえびす様をお祭りする神社ですね。
西日本ではその西宮の西宮神社や、大阪の今宮戎神社などで
正月に十日戎というのが行われ、商売繁盛を祈願するようですが、
東日本ではむしろ五穀豊穣を祈願して、収穫の感謝を捧げるお祭りとして
秋に「えびす講」として行われるそうです。
私も知らなかったのですが、長野のほか、高崎や甲府などでも行われており、
さらに東京では、日本橋の宝田神社で行われる有名なべったら市は、
まさにえびす講の催し物なのだとか。知りませんでした。
長野では、西宮神社のえびす講が18~20日に開かれるのに合わせ、
毎年11/23の祝日に花火大会が行われるようになったそうですよ。

さて、講釈が長くなりましたが、
この長い歴史を数えるえびす講煙火大会は、
毎年観客が増え、今年は過去最高の40万人が
観覧したそうですよ。
確かに、打ち上げ会場の犀川の河川敷は、
闇夜にたくさんの人が押し寄せています。

20121126-3.jpg

とここまで書いたところで、昨晩は力尽きてしまいましたので、
続きを書きますね。
・・・と一回続きを書きだしたのですが、
長すぎてオーバーフローしてしまいましたので、
稿を改めてご紹介しますね。


はいはい続きを読みますよと言う方はこちらからポチッと!
すいません、途中で切れてしまって・・・
ツイートボタンも設置したので、よろしかったらつぶやいてくださいまし。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif


★★★★コメントをいただける方へ★★★★

大変申し訳ございませんが、書き込み後に送信ボタンをクリックすると、
エラー画面になってしまいます。
何度か修正を試みたのですが、原因が私の技量ではわからず、
なかなか正常な状態に戻っておらず、申し訳ございません。
エラー画面になっても、
書き込みとしては成立していることがほとんどなので、
大変申し訳ございませんが、
書き込み後はしばらく様子を見ていただければ幸いです。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。
そして、不具合にめげず、励みになりますので、
是非お気軽にコメントをいただければ幸いです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://karuizawa.sakura.ne.jp/mt5/mt-tb.cgi/7545

コメントする

Copyright © 軽井沢ドリームハウス生活日誌 All Rights Reserved.