軽井沢ドリームハウス生活日誌

HOME > 02ちょっとお出かけ > 信濃国分寺、12年に一度の御開帳

信濃国分寺、12年に一度の御開帳

2013年5月 3日金曜日 20:50 | 0 Comment | 0 Trackback

最近なんだかずっと能登の話題が続いていたので、
少しは地元の話題を取り上げないといけませんね。
連休後半がスタートした今日、
我が家は朝から上田の八日堂信濃国分寺に行ってきました。

20130503-1.jpg

先日もご紹介しましたが、
信濃国分寺では現在12年に一度の御開帳の真っ最中です。
ちなみに「ご開帳」かと思っていたのですが、
信濃国分寺では「お開帳」なのですね。
先日の記事では、ご開帳と書いてしまいましたので、
謹んで訂正させていただきます。

さて今日はまさに大型連休の初日にふさわしい絶好の行楽日和。
明後日のこどもの日を前に、
澄み切った青空に鯉のぼりが気持ちよさそうに泳いでいます。

20130503-2.jpg

しかし、鉄塔に鯉のぼりとは何とも豪快ですね。

普段はとても静かな信濃国分寺ですが、
参道には大きな上りなどが飾り付けられ、
華やいだ雰囲気となっています。

20130503-3.jpg

境内の入り口には、御開帳を告げる立て看板が
建てられていました。

20130503-4.jpg

もっと大勢の人でごった返しているのかと思ったら、
それほどではありませんでした。
ただ、さすがに本堂前は、参拝を待つ人の列が。
その列の真ん中に、本尊の薬師如来と結ばれた、
回向柱が立てられていました。

20130503-5.jpg

この辺りは、なんだか善光寺の御開帳と同じですね。
私も回向柱に触れて、今年一年の家内安全と健康を祈願してきました。

20130503-6.jpg

この信濃国分寺の御開帳が凄いのは、
なんと本堂内でも写真撮影OKというおおらかさ。
その分、12年に一度しか拝めないご本尊の姿を
カメラに残そうとする方々で、
かなりごったがしておりました。
もちろん、私もしっかり撮影して参りました。

20130503-7.jpg

しかし、善光寺の御開帳の際も思いましたが、
なんだかとてものどかで、良い風習ですよね。
こんな所も、軽井沢に引っ越して、すっかり信州の虜になってしまった
理由の一つです。

この御開帳は期間が短く、明後日までの開催。
まだの方は、どうぞお急ぎください。
我が家も駐車場にやや苦労したので、
行かれるならば、しな鉄で行って、
信濃国分寺駅で下車して歩いて行った方が
良いかもしれませんよ。


おかげさまで100万アクセス突破!
さあ、次の節目に向けて、今日も一つ、ポチッとお願いいたします!

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif


★★★★コメントをいただける方へ★★★★

大変申し訳ございませんが、書き込み後に送信ボタンをクリックすると、
エラー画面になってしまいます。
何度か修正を試みたのですが、原因が私の技量ではわからず、
なかなか正常な状態に戻っておらず、申し訳ございません。
エラー画面になっても、
書き込みとしては成立していることがほとんどなので、
大変申し訳ございませんが、
書き込み後はしばらく様子を見ていただければ幸いです。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。
。そして、不具合にめげず、励みになりますので、
是非お気軽にコメントをいただければ幸いです

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://karuizawa.sakura.ne.jp/mt5/mt-tb.cgi/7756

コメントする

Copyright © 軽井沢ドリームハウス生活日誌 All Rights Reserved.