軽井沢ドリームハウス生活日誌

HOME > 02ちょっとお出かけ > 両国回向院の善光寺出開帳

両国回向院の善光寺出開帳

2013年5月11日土曜日 20:33 | 0 Comment | 0 Trackback

今朝は朝から雨模様の軽井沢。
そんな雨の中、朝から東京に行ってきました。
何をしに行ったかというと、こちらです。

20130511-1.jpg

ここがどこかというと、両国の回向院。
現在、善光寺の出開帳が来週まで開催なのです。
天気は悪かったのですが、いろんな日程を考えると
今日しかなかったので、はるばる出かけてきました・・・
って、私は毎日東京まで通っているので、
そんなご大層なものではないのですが。

しかし、善光寺の仏様たちにとってはおそらくとても大変なことで、
なんと戦後初の東京出張。
かつてはどのように東京まで行かれたのかわかりませんが、
今回、善光寺如来の御分身となる出開帳仏は、
なんと善光寺の僧侶の方が新幹線で一緒に向かったそうです。
阿弥陀様も、スカイツリーは出来ているし、
さぞ驚かれたことでしょう。

ということで、両国は東京の実家からもほど近い場所。
かつて実家から都心へ車で向かう際は、
必ずこの回向院の前で京葉道路に曲がり、
両国橋を渡って都心に向かいました。
なので、上の写真の山門は慣れ親しんだものですが、
実は境内に入るのは初めてです。
早速中に入ってみたいと思います・・・
が、今回の出開帳は、有料。
事前にチケットの購入が必要です。

20130511-2.jpg

ちなみにおとなは1000円です。

20130511-3.jpg

今回の出開帳の最大の目的は、東日本大震災の鎮魂と、
復興支援。
収益金は、すべて復興支援に回されるそうです。

20130511-4.jpg

さて、今日はちょうど中日で、
両国国技館からのお練り大法要もあったそうなのですが
我が家が行った際には既に終わっていて、
雨だったこともあってか境内は閑散。
おかげで、ゆっくり参拝が出来ました。
回向柱もさわり放題です。

20130511-5.jpg

境内が狭いので、回向柱も少し小ぶりですね。
また、これは陸前高田の杉を使ったものだそうなので、
木目がやはり善光寺御開帳のときと異なりますね。

そしてこの回向柱から伸びる綱が、
出開帳仏の右手に結びつけられており、
回向柱に触れることで、阿弥陀如来との仏縁が結ばれる・・・
というのは、善光寺御開帳の際と全く同じです。

そして、その綱は途中からくきっと曲がり、
右手のお堂に吸い込まれていきました。

20130511-6.jpg

この回向院、明暦の大火の犠牲者を回向する目的で
建立された寺院ですが、場所が場所だけに、
関東大震災や、東京大空襲の際にも
壊滅的な被害を被っているようです。
そのためか、本堂は鉄筋コンクリート造りで、
お寺な感じは全くありません。
そして、今回出開帳仏が安置されたお堂は、
さらに近代的な作りで、何でもつい最近落成したものだそうです。
軒からスワロフスキーの宝珠が下がっているのには驚きました。

20130511-7.jpg
そしてその新しいお堂の一階正面に
出開帳仏が安置。
それほど大きなお堂ではなく、
しかも善光寺に比べたら遙かに明るいので、
仏様の様子が遠目にもよくわかりました。

まずはここで出開帳仏に参拝ののちは、
階段で2階に上がります。なんだかとても立体的な参拝経路。
2階の広間には、千住博さんのふすま絵を背景に、
東日本大震災で被災して、奇跡的に発見、修復された仏様や、
新聞でも話題になった、善光寺が陸前高田の松を使って造った
お地蔵様などが安置。
この2階から見ると、回向柱からつながる綱が、
屈曲しているのがよくわかりますね。

さらにそこからもう一回あがり、今度は本堂の3階に行くと、
そこには仁王門の金剛力士像の原型となった、
高村光雲作の像などが展示されています。
さらにそこから本堂の一階に下りると、今度はおびんずる様を安置。
ご祈祷用の福しゃもじなども売られ、
それでおびんずる様をなでて祈願できるようになっています。

20130511-9.jpg

ちなみにおびんずる様は、今回初の東京出張だそうです。
善光寺の元あった場所は、現在どうなっているんでしょうね。

ということで、雨の中ではありましたが、
ゆっくり参拝できて、良かったです。
私も最近すっかり気分は信州人なので、
なんだか善光寺如来と実家に里帰りした気分でした。


おかげさまで100万アクセス突破!
さあ、次の節目に向けて、今日も一つ、ポチッとお願いいたします!

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif


★★★★コメントをいただける方へ★★★★

大変申し訳ございませんが、書き込み後に送信ボタンをクリックすると、
エラー画面になってしまいます。
何度か修正を試みたのですが、原因が私の技量ではわからず、
なかなか正常な状態に戻っておらず、申し訳ございません。
エラー画面になっても、
書き込みとしては成立していることがほとんどなので、
大変申し訳ございませんが、
書き込み後はしばらく様子を見ていただければ幸いです。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。
。そして、不具合にめげず、励みになりますので、
是非お気軽にコメントをいただければ幸いです

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://karuizawa.sakura.ne.jp/mt5/mt-tb.cgi/7770

コメントする

Copyright © 軽井沢ドリームハウス生活日誌 All Rights Reserved.