軽井沢ドリームハウス生活日誌

HOME > 02ちょっとお出かけ > やはり木曽の漆器は実用的なものが多くて良い

やはり木曽の漆器は実用的なものが多くて良い

2013年6月 9日日曜日 21:22 | 0 Comment | 0 Trackback

今日も軽井沢はよい天気。
ということで、今日もガーデンキッチン作りにいそしんだのですが、
まずは昨日中途半端になってしまった、木曽漆器まつりの話題を
片付けてしまいましょう。

ちょうど東京から両親が来ていて、
一緒に出かけたのですが、何しろ起きるのが早い!
というわけで、我が家を出かけたのは朝6時半。
途中で朝食を食べて、中山道経由で岡谷に出て、
そこから中央道で伊那まで向かい、
権兵衛トンネルを抜けて、奈良井宿に向かいました。
今回の木曽漆器まつりは、奈良井宿場まつりと同時に開催。
奈良井から、木曽漆器祭の会場となる
木曽平沢の集落まで、頻繁にシャトルバスが出ているのです。

ということで、前回に引き続き、今回も奈良井宿に車を駐め、
そこからシャトルバスで向かいました。
到着した木曽平沢集落は、のぼりなどがはためいていますが、
何しろ9時半頃には到着したので、
まだまだ人出が少なめです。

20130609-3.jpg

この平沢集落は、なんと凄いことに立ち並ぶ家々のほとんどが
漆器屋さん。その一軒一軒が、皆扉を開け放ち、
所狭しと漆器を並べて、お客さんを呼び込んでいます。
まずは片道は品定めと決め、
早速片っ端からぼちぼちと見ていくうちに、
だんだんお客さんが増えてきました。

20130609-2.jpg

そして、集落の端まで行って、
いよいよ引き返しながら、お目当ての商品を買いながら戻ってくると、
既にものすごい人出。我々は、早めに出かけて良かったです。

20130609-1.jpg

2時間ほどかけて、ゆっくりと見て回り、結構いろいろと掘り出し物をゲット。
意気揚々とバスで今度は奈良井駅まで戻ります。
せっかくここまで来たのならばと、奈良井宿を歩いて、
駐車場まで戻りました。
普段は静かな奈良井宿ですが、
この日は多くの人が散策。

20130609-6.jpg

しかし、歩いている人が洋服を着ていなければ、
江戸時代そのままの町並みですね。
ここは何度来ても、本当に素晴らしい。

20130609-5.jpg

駐車場があるのは、奈良井宿の一番南側。
いよいよこれから鳥居峠の難所に挑むという、
その場所から奈良井宿を振り返ると、
逆に難所を越えて、ようやく宿場にたどり着いた
中山道の旅人のほっとする声が聞こえてきそうです。

20130609-4.jpg

ということで、今回ゲットしたのはこちらの品々。

20130609-7.jpg

我々夫婦が日常使う、味噌汁の椀や菓子皿など、
かなりお買い得に購入できました。
木曽の漆器は、実用的なものが多くて、
しかもそれが安く買えるので、この漆器まつりは本当に素晴らしい。
そうそう、立派なサワラのまな板もかなりお買い得で購入。
今回も大満足な、木曽漆器まつりとなりました。


おかげさまで100万アクセス突破!
さあ、次の節目に向けて、今日も一つ、ポチッとお願いいたします!

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif


コメント欄は、一時クローズさせていただいております。
ご感想などは、ツイッターで頂戴できると幸いです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://karuizawa.sakura.ne.jp/mt5/mt-tb.cgi/7789

コメントする

Copyright © 軽井沢ドリームハウス生活日誌 All Rights Reserved.