軽井沢ドリームハウス生活日誌

HOME > 02ちょっとお出かけ > 夏に行くなら霧ヶ峰

夏に行くなら霧ヶ峰

2013年8月20日火曜日 22:39 | 0 Comment | 0 Trackback

さて、諏訪の湖上花火大会の日の話題に飛びます。
この日は新作花火大会の時以上に混雑するというので、
かなり早く出た・・・というのは、先日も申し上げましたが、
問題はその経路。
通常、軽井沢から諏訪に行く場合、最も早いのは
佐久から中山道(国道142号)を通って、
笠取峠、和田峠を抜けて、下諏訪から諏訪に回るのが
最も早い行き方です。
しかし、広々した下諏訪はともかく、
上諏訪になると、険しい山と諏訪湖の間のわずかな土地に
ひしめくように国道20号と中央線などが通っているので、
普段でも車の流れが悪いときがあり、
ましてや一気に人出が増えると、ひどい混雑となります。
その混雑に巻き込まれる距離をなるべく短くしたくて、
少し険しいルートではありますが、
女神湖から白樺湖、霧ヶ峰を通って、
諏訪市内に降りていくルートで向かいました。
これだと、上諏訪のホテル街の近くに降りてくるため、
市内の混雑に巻き込まれる時間が
最小限で済みます。

そして何より、天気が良いと景色が素晴らしい。
特に、車山から霧ヶ峰までの
ビーナスラインは、絶好のドライブコースでもあります。

途中、富士見台でしばし休憩です。
この富士見台からしたの踊場湿原で、
今年の春野焼きの火が燃え広がり、
貴重な動植物が自生する草原を焼き尽くす災害がありましたが、
ちょうどまだ芽吹く前だったので、
このように見た目綺麗に復原していました。

20130819-1.jpg

更に今度は霧ヶ峰方面に向けて、パノラマで撮影。

20130819-2.jpg

この広々とした草原が広がる日本離れした光景は、
このルートを選択する醍醐味の一つでもあります。

標高も高いため、下界は暑くてもさすがは天然冷房の霧ヶ峰は
強い日差しの中にも心地よい高原の風が吹いています。
夏はこういうとこに行くに限りますね。
先を急いでいたので、あまりゆっくり出来ませんでしたが
夏は何度も訪れたい場所の一つです。
そろそろ秋めく頃なので、是非また暑いうちに、
もう一度ぐらいいっとこうかな?


おかげさまで100万アクセス突破!
さあ、次の節目に向けて、今日も一つ、ポチッとお願いいたします!

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif

Copyright © 軽井沢ドリームハウス生活日誌 All Rights Reserved.