軽井沢ドリームハウス生活日誌

HOME > 02ちょっとお出かけ > 来年の晴天を祈って、諏訪大社上社本宮に参拝

来年の晴天を祈って、諏訪大社上社本宮に参拝

2013年8月22日木曜日 22:14 | 0 Comment | 0 Trackback

ということで、せっかく泊まりがけで行ったのに
中止になってしまった諏訪湖祭湖上花火大会の翌日は、
前日の豪雨が嘘のように、良い天気となりました。
ここは一つ、諏訪の神様に来年の湖上花火大会当日も
このように良く晴れるようお祈りに行かなければと言うことで、
両親はまだ行ったことがなかった諏訪大社上社本宮に向かいました。

20130822-1.jpg
20130822-2.jpg

我々と同様、さんざんな目にあった花火観覧者と思われる
他県ナンバーの車に乗った参拝者が、まあ多かったこと。
やはり、皆さん来年の晴天祈願でしょうか。
そんなこともないとは思いますが、
ただ我々同様、お参りでもしないと、気が収まらなかったのでしょうね。

しかし、信濃国一之宮の諏訪大社は、
いつ来てもどんなことも些末に思えてしまうほど、
凛とした美しい境内です。

20130822-4.jpg

この日もかなり暑い日でしたが、うっそうと木が茂る境内には
涼やかな風が吹き抜け、汗が収まります。
ここの参道は、以前もご紹介しましたが一直線ではなく、
正面の鳥居をくぐると、まずは左手に折れ、
そのあと右手に折れてこちらの門をくぐり、

20130822-5.jpg

そこから続く長い回廊を抜けて再び左に折れると、
ようやく拝殿の前に出るという、中々長い参拝経路です。
ただ、静謐なその参拝経路をたどっていくと、
その段階で心が洗われるようです。

20130822-6.jpg

さて、上社本宮の拝殿は、現在修復工事中。
手前の参拝所からは、拝殿の所に備えられた
写真を拝む形になります。

20130822-7.jpg

とても見事な作りの拝殿は残念ながら見られませんでしたが、
振り向くと、社務所の背後に見事な杜が。

20130822-8.jpg

やはり鬱蒼とした社叢というのは、格式ある神社ならではですね。
日本の原点は木の国、杜の国、つまり豊かな自然だというのが
よくわかります。

諏訪大社と言えば、御柱。こちらが上社本宮の一の御柱です。

20130822-3.jpg

山から切り出された巨木が、氏子の手によって
神として境内にまつられた御柱。
その屹立する姿を見るたびに、
並外れたパワーをもらえるような気がします。

これで、来年の湖上花火大会の大成功間違いなしでしょう。
こうなったら、来年こそ絶対見てやると、
心に誓って、諏訪大社をあとにしました。
ただいま早くもいろいろ画策中です!


おかげさまで100万アクセス突破!
さあ、次の節目に向けて、今日も一つ、ポチッとお願いいたします!

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif

Copyright © 軽井沢ドリームハウス生活日誌 All Rights Reserved.