軽井沢ドリームハウス生活日誌

HOME > 02ちょっとお出かけ > 諏訪大社上社前宮に初参拝

諏訪大社上社前宮に初参拝

2013年9月10日火曜日 22:03 | 0 Comment | 0 Trackback

ということで、昨日ご紹介した南軽井沢の
STEAK HOUSEさんで朝食を済ませたあと、
今回は姫木平から白樺湖を抜ける国道152号大門街道で、
茅野へ向かいます。

軽井沢から諏訪に向かう際は、いくつか行き方があり、
一番ポピュラーなのは佐久から中山道をたどり、
和田峠を越えて下諏訪へ出るパターン。
逆に、上諏訪に直接行きたい際には、
望月から女神湖に上がり、蓼科からビーナスラインを抜けて、
霧ヶ峰から一気に上諏訪市街に降りるのが最も便利で、
諏訪市内が混雑する花火大会の際は、
いつもこの方法で諏訪に向かいました。

そして今回使ったのが、姫木平から白樺湖に上がり、
そこから茅野市内に152号線で降りる方法です。
いずれも山越えの山岳道路なのですが、
今回行ったルートが一番なだらかで、走りやすいかな?

実は今回なぜこのルートで行ったかというと、
宿泊を予約したホテルが、茅野と上諏訪の間ぐらいにある
ホテルだったので、茅野から行った方が便利かなと思い
このルートで行きました。

走りやすかったせいか、時間も予定時間よりかなり前に到着。
ということで、天気祈願をかねて、諏訪大社、
それもこれまで行ったことがない、
上社前宮に行ってみることにしました。
諏訪大社は四つのお宮からなっていますが、
下社はいずれも下諏訪町、上社本宮は諏訪市、
そして上社前宮は茅野市にあるのです。
今回はせっかく茅野から向かったので、
まずは前宮から参拝することにしました。

さて、その上社前宮ですが、ほかのお社に比べると、
ずいぶん地味な感じ。
鳥居もかなりかわいらしいサイズです。

20130910-2.jpg

しかしさすがは日本中の諏訪神社の総本社、
東郷平八郎揮毫による、立派な標柱が立っていました。

20130910-1.jpg

さて、上の石鳥居をくぐると、しばらく階段が続きます。
えっこら登っていくと、
今度は青銅製の鳥居が。

20130910-3.jpg

この鳥居をくぐり、更に階段を上がっていくと、
あれ、普通の道路に出てしまいした。
民家の間を抜け、半信半疑で更に上に登っていくと、
ありました、本殿が。

20130910-4.jpg

こちらもこぢんまりしたお社ですが、
何でも昭和7年に伊勢神宮のご用材で建てられたそうです。
そして本殿前には、前宮一の御柱が建てられています。

20130910-6.jpg

なんだか御柱も、一番のどかな光景の中に建てられていますね。
本殿向かって左手にある二の御柱はさらに牧歌的。

20130910-7.jpg

御柱と本殿の間を、清らかな小川が流れていました。
実はこの小川、神域から流れる「水眼(すいが)」と呼ばれる
御神水だそうで、ここで口をすすいでから参拝するのだそうです。

20130910-8.jpg

我が家も、本殿前で二礼二拍手一礼の作法に則り、
家内安全と、本日の天候祈願、そして翌朝に迫った
東京五輪決定祈願をしてきました。
厳然としたほかのお宮に比べると、自然に囲まれた
穏やかな空気が流れる、優しいお宮でした。

そしてまだまだこれだけでは不十分と、
次は上社本宮へ。

20130910-10.jpg

こちらは花火見学に来た観光客が観光バスで来ていたので、
かなりの人が参拝中。

20130910-11.jpg

そんな中を、こちらでも家内安全、本日の天候祈願、そして
東京五輪決定祈願の3つをお願いして来ました。

そして、本番では見事に花火大会中は雨降らず。
更に、東京五輪も決定。
諏訪大社の御利益を実感した一日となりました。
ありがたや、ありがたや。


気がつけば120万アクセス突破!
さあ、次の節目に向けて、今日も一つ、ポチッとお願いいたします!

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif

Copyright © 軽井沢ドリームハウス生活日誌 All Rights Reserved.