軽井沢ドリームハウス生活日誌

HOME > 02ちょっとお出かけ > 久しぶりの高尾山

久しぶりの高尾山

2014年5月13日火曜日 23:33 | 0 Comment | 0 Trackback

さて、ゴールデンウィーク前半戦の日曜日は
親戚の法事で軽井沢滞在中の両親を山梨まで送っていったので、
法事終了までのあいだの時間つぶしに、
久しぶりに高尾山に行ってきました。

20140501-1.jpg

子供の頃、この近くに住んでいて、
仏閣型の高尾駅は何度も降りたものです。
同じく仏閣型だった長野駅は
新幹線開業とともに、味気ない橋上駅になってしまいましたが
高尾駅は、子供の頃見たままの仏閣型の風情ある駅。
懐かしいなぁ。

ここから京王高尾線で、一駅先の高尾山口駅を目指します。
この駅から降りて、ケーブルカーで、
山頂の高尾山薬王院へ向かいます。

20140501-2.jpg

三角屋根のケーブルカーの駅も、高尾駅同様
子供の頃見たままの駅。

20140501-3.jpg

車両は、最近のものかな。

20140501-4.jpg

このケーブルカー、日本一急勾配となります。
高尾山のケーブルカーなんて乗るの、何年ぶりだろう?
早速山麓の清滝駅を発車します。

20140501-5.jpg

そして、到着した高尾山駅の標高は
472メートルとか。

20140501-6.jpg

低いなぁ、我が家はこの倍の標高です。
軽井沢が、いかに標高が高いかがよくわかりますね。

ここからは、なだらかな山道を歩いて、薬王院に向かいます。

20140501-7.jpg

途中、少し急な箇所がありますが、わけなく山門に到着。

20140501-9.jpg

この山門をくぐると、なにやらご祈祷ワンダーランドの様相。
すごい人が群がっていたので、いちいち写真を撮りませんでしたが、
縁結び、長寿、金運など、なんだかありとあらゆる
開運系のお社が、まるでテーマパークのごとく
立ち並んでいます。
高尾山、こんな感じでしたっけ?
なんかご商売の感じが丸出しで、やや興ざめです。

そして、それを抜けると、いよいよ急な階段があり、
正面のこれまたあまり品のよろしくない山門をくぐると、
薬王院の本堂となります。

20140501-10.jpg

本堂が、これまた思いのほか小さい。
子供の頃は見た頃は、とても大きく感じたのですけどね。

20140501-11.jpg

途中、モンキーパークなどもあったのですが、
いちいちお金払わなくても、離山辺り行けばお目にかかれるし、
せっかく行ったのですが、ちょっともやもやしたまま
下山することにしました。

帰りもまた、ケーブルカーで。
帰りは先頭に立つことが出来たので、写真が撮れました。
この場所が、もっとも急な付近です。
30度あまりですから、ちょっとしたスキーの急斜面と
同じくらいですね。でもスキーの斜面より
斜度を感じます。

20140501-15.jpg

途中、早くもつつじが満開です。新緑も綺麗で、
これはちょっと得した気分。

20140501-12.jpg

対向車とすれ違うと、斜度も緩やかになり、程なく終着の
清滝駅となります。

20140501-13.jpg

と言うことで、2時間あまりの高尾山探索が終了です。
子供の頃は、親に連れられたり、遠足出来たりと、
何度もやってきた高尾山ですが、
やはり都心から近い分、いろんな意味で観光化が進んだようで、
ちょっと残念。とはいえ、都心から1時間足らずで来られる
この自然は貴重ではあるのですけどね。
いろんな意味で、ちょっと考えさせられる
久しぶりの高尾山でした。


いよいよ次は150万アクセスをめざして、
今日も一つ、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif

Copyright © 軽井沢ドリームハウス生活日誌 All Rights Reserved.