軽井沢ドリームハウス生活日誌

HOME > 02ちょっとお出かけ > 説明のいらないほど美しい倉敷美観地区

説明のいらないほど美しい倉敷美観地区

2008年12月15日月曜日 23:52 | 6 Comments | 0 Trackback

さて、いよいよ倉敷の美観地区です。

20081215-3.jpg

本当に何回来ても美しい町並みですよね。
江戸時代に天領の中心として、
周囲の肥沃な農村から備中米と呼ばれる米を集めた
蔵屋敷が基になり、このような美しい町並みが
形成されました。
人口50万人近い町の中心部で
このような町並みがよく今まで残っていたものだと思います。
軽井沢に残る明治時代の洋館もいいですが
こうした日本の伝統建築も、本当にすばらしい。

20081215-1.jpg

ここではたと気づき、セピアモードで写真を撮ってみました。
これがなんとまあ、雰囲気がでること。
基本的に、もう説明はいりませんね。
セピア色の、美しい倉敷の町並みを
ご覧ください。

20081215-4.jpg
20081215-2.jpg
20081215-5.jpg
20081215-6.jpg
上の写真は、大原美術館とその隣にある有名な喫茶店
エル・グレコ。
20081215-7.jpg
20081215-8.jpg
20081215-9.jpg
20081215-11.jpg
まだまだ続きます。
20081215-13.jpg
20081215-14.jpg
20081215-15.jpg
20081215-16.jpg

いったい何枚撮るんだという感じですが、
もう夫婦で延々と写真を撮りまくりました。

最後に、白壁と青空とのコントラストがきれいでしたので、
こちらはカラーで。

20081215-10.jpg

そうそう、まだまだこちらの紅葉もきれいでした。
アイビースクエアにあった木ですが、いったい何の木だろう?

20081215-12.jpg

本日は長々とごらんいただき、
ありがとうございました。
携帯でごらんの方は、どうもすいません。


こんな写真見ると倉敷行きたくなっちゃう方は
こちらをポチッとお願いします↓

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://karuizawa.sakura.ne.jp/mt5/mt-tb.cgi/6124

コメント(6)

倉敷は父の好きだった場所です。
素敵ですね。
母と行こうとしたら、かたくなに拒んだ父、さては・・・・?
はは・・・もう時効ですが・・・
フルムーンパスで出かけてみたいです!

svetlaさん こんばんわ
10年近く前になりますが友人の結婚式の為に美観地区内の倉敷国際ホテルに一人で泊まり、一日~寂しく一人で美観地区を観光した事を思い出しました。ただ美観地区を歩いていると着物の似合う美しい女性から声をかけらるのでは・・・?などと空想の世界に入れる風景でしたが・・・当然そのような女性など一人もいませんでしたよ(笑)でも本当に素晴らしい町並みだったのは覚えています。

namakuraさん こんばんは
倉敷、本当に風情がある町並みです。
古い町並みと言えば、
飛騨高山の上三之町や、角館の武家屋敷などもありますが、
倉敷は白壁が多いこともあって、
非常に明るいですよね。
町もこぢんまりしていくので、小旅行で行くのには
ちょうど良いですよね。
是非フルムーンでどうぞ!

KaruizawaWoodさん こんばんは
倉敷国際ホテルですか。それは絶好の位置に
泊まられましたね。
でも確かに、一人ではちょっと寂しいかも・・・
確かに着物がとても似合いそうな町並みです。
実は自分の結婚式で、紋付きが似合うと思って以来、
着物にとても興味があるんです。
次はうちの奥さんと着物で・・
と言うのもいいかもしれません。

svetlaさん。
いいなぁ中国・四国ツアー。ここからだとちょっと遠過ぎる。

倉敷や萩などは日本情緒溢れるよい町ですね。本気で守ろうとしないと日本の町は全国どこもいっしょになってしまいます。軽井沢も見習って欲しいです。

ぽんきちさん こんばんは
倉敷や飛騨高山など、よくぞ残ってくれたという感じです。
軽井沢も、古い建物が多く残っていて、非常によいと思うのですが、問題は軽井沢駅の近辺ですよね。
駅舎と言い、その駅前の雰囲気と言い、
日本を代表するリゾート地の駅前にしては
あまりにも個性に欠けすぎているような気がします。
残念ですよね。

Copyright © 軽井沢ドリームハウス生活日誌 All Rights Reserved.