軽井沢ドリームハウス生活日誌

HOME > BLOG > 13信州そば三昧アーカイブ

白馬産の地粉で打つ「蕎麦処りき」の絶品二八そば

2014年5月27日火曜日 23:29 | 0 Comment | 0 Trackback

さて、まだまだ白馬の話題ですが、
正午を過ぎ、かなり腹が減ってきました。
午後のイベントに向けて、腹ごなしをしないと行けません。
と言うことで向かったのが、前回白馬に行った際に入って、
非常に旨かった、「蕎麦処りき」さんに向かいます。

20140526-1.jpg

白馬村の中心地で、オリンピック道路沿いにあるという
絶好の立地にあるこの「りき」さん。
便利なだけではなくて、店の前には
こんな絶景が広がります。

20140524-0.jpg

そうなんです、初日に予告編をお届けした際に掲載した写真は
ここの前から撮影したのでした。
店内からも、こんな絶景が望める、素晴らしいそば屋さんです。

さて、メニューはこんな感じ。

20140526-2.jpg
20140526-3.jpg

もりそばや、天ざるなどは、量で注文できるのが特徴。
それぞれ下から八方、杓子、鑓、五竜、白馬と名付けられ、
150gから500gまで50g~100g単位のお好みの量で注文できるのです。

うちの奥さんは一番少ない八方、私は300gの鑓の
天ざるを注文しました。

しばらくして、運ばれてきたそばはこんな感じ。

20140526-4.jpg

前回、洋麺亭の300gで食べきれるか不安な状況だったので、
今回も心配ではあったのですが、
出てきたそばを見て一安心。こんな量なら、朝飯前です。

早速そばをいただきますが、
ここ信州で私が食べたそばの中では、最細クラス!
実にきめ細やかな、極細そばです。
良くこんな細く打てるものです。

20140526-6.jpg

まだまだそばの香高い、非常に旨いそばで、
これだけ細いと途中から伸びたりするものですが、
ここのそばは最後までのどごし良くいただけます。
つゆも辛めで、私好みのきりりとしたつゆで、
申し分ありません。
何でも白馬産の地粉を使って打ったそばだそうですが
実に味わい深い、素晴らしいそばです。

そして天ぷらも繊細に揚げられた旨い天ぷら。

20140526-5.jpg

これがまた綺麗にかごに盛られ、
熱々で持ってこられます。
こちらも熱でふやける前に、カリカリの天ぷらをいただきましたが、
そば良し、天ぷら良しの最高の天ざるです。
この「りき」さん、すっかり気に入ってしまいました。
今年の新そばの時期には、是非また行ってみたいと思います。


さあ、次は200万アクセス目指して!
今日も一つ、ポチッとお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif

滑ったあとには軽井沢駅の駅そば

2014年1月12日日曜日 23:41 | 0 Comment | 0 Trackback

軽井沢プリンスホテルスキー場に滑りに行くときは、
朝飯抜きでリフト運行開始時間をめがけて行くので、
2時間ほど休憩なしで一気に滑ると、かなり腹ペコになります。
そうすると、だいたい2パターンあって、
離山通りのオキザリスさんで朝食をいただいてくるか、
もう一つのパターンが軽井沢駅の駅そばです。

20140104-2.jpg

特に軽井沢駅の駅そばは、午後所用があって滑り終わって
早く家に帰りたいときには、特に重宝。
生麺からゆでるので、普通の駅そばよりは少し時間がかかりますが、
500円玉一つで、かなり本格的なそばが気軽にいただけます。

20140104-3.jpg

この駅そばをやっているのは、
釜飯で有名なおぎのや。
ここは、何を食べても本当に美味しいのですが、
そばもしっかりコシがある本格派で、
天ぷらもしっかり手揚げされたもの。
滑り終わって、体が冷え切っているときに、
温かいそばは、体に染みいる旨さです。
明日も行っちゃおうかなぁ。


なんだか気がつけば130万アクセス突破!
さあ、次の節目に向けて、今日も一つ、ポチッとお願いいたします!

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif

正月の食べ歩き-2「佐久の草笛」

2014年1月11日土曜日 22:17 | 0 Comment | 0 Trackback

正月が終わって1週間で、また3連休です。
とはいえ、この連休、私は仕事。
なので、引き続き、正月の残りの話題で恐縮ですが、
正月休みの食べ歩きで、第2弾は久しぶりに
佐久の草笛に行ってきました。

20140108-3.jpg

軽井沢に越してきて以来、大晦日の年越しそばは
いつも東御の丸山さんのを送っていただいてたのですが
昨年末ばたばたしていて、東御に行けませんでした。
なので、昨年の大晦日はツルヤの生そば。
それはそれで十分美味しかったのですが、
やはり、そば屋さんの美味しいそばも食べたいなぁと言うわけで、
御代田の真楽寺に行った帰り道、
佐久まで足を伸ばして、佐久の草笛に行ったのです。

今回は正月で、朝からおせちをたっぷり食べたりしていたので
あっさりともりそば。

20140108-4.jpg

とはいえ、草笛のもりそばは、
とても盛りがよいので食べでがあります。
コシがあって、のどごしなめらかで、
でも香りが強い草笛の7割そばは久しぶりです。

20140108-5.jpg

そばは打ち方と粉が重要で、
10割ではないからと言って、味が劣るものではないことを
ここのそばは証明しています。
また一時、ちょっと味が落ちたかな?と言う気がしていましたが、
また元に戻っていました。

じつはこのほかに大きなかき揚げがついていたのに加え
なにしろこの日は両親も一緒で、
小食な母とうちの奥さんからそれぞれそばが
追加で回ってきてしまったので、
腹一杯。
大満足な今年のそばはじめとなりました。


なんだか気がつけば130万アクセス突破!
さあ、次の節目に向けて、今日も一つ、ポチッとお願いいたします!

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif

今年の新そばはじめは、新行の「麻の館」で

2013年11月 5日火曜日 22:57 | 0 Comment | 0 Trackback

このところ、ずっと紅葉の話題ばかりで、
食べ物の話題がだいぶご無沙汰していましたね。
もちろん出かけている以上、我が家はいろいろ食べており、
少しこちらもネタがたまり気味なのですが、
順不同でご紹介していきましょう。

さて、信州の秋の味覚と言えば、松茸などいろいろありますが、
なんと言っても新そば。
今年は、まだ新そばをいただいていなかったのですが、
先日大町の高瀬渓谷に行った際、
途中にある蕎麦の里新行で、今年も新そばをいただくことにしました。

長野から白馬に向かうオリンピック道路を
途中の美麻地区で大町方面に折れて、
しばらく行ったところに新行地区があります。
ここは蕎麦の里として有名で、山里にそば屋さんが点在しているのです。
その大町に向かう通り沿いにある麻の館さんに
今年も伺いました。
写真を撮りそびれたので、去年の写真ですが、
店舗の感じはこんな感じです。

20121105-2.jpg

店頭には新そばの張り紙が出ていますよ。

20131105-1.jpg

昨年訪れた際にも結構混んでいたのですが、
今回も店内には順番を待つ人の列が。
でも幸い、ちょうど入れ替わりの時期だったので、
すぐに店に入れました。

今年も、天ざるを注文。盛りは軽井沢盛りほどではありませんが、
佐久や上田の爆盛り蕎麦に比べると、割と上品なので、
大盛りでお願いしました。

まずは信州のそば屋さんらしく、お茶請けにお新香が。

20131105-2.jpg

だいたいこの手のお新香が、非常に旨いんですよね。
特にここの浅漬けは、しその実が入っていて香りも良く、
とても旨い。売ってほしいようです。

ここは、注文を受けると、玄関脇で
実際におばちゃんが手際よくそばを打ち始めます。
ガラス越しに丸見えなので、
いつも見ているのですが、見事な手際に感服します。

そうして打たれたそばが、ささっとゆであげられ、
それほど待たずに運ばれてきます。
いよっ!待ってました新そば!

20131105-3.jpg

つややかな新そばは、ひきぐるみ。
これぞ田舎蕎麦という感じです。

20131105-5.jpg

昨年はやや平べったい蕎麦でしたが、
今年は結構細打ち。
早速口に運びますが、とても香りが良く、
しかも細いのにコシがあります。
いやぁ、絶品。

ちなみに、蕎麦をわしづかみにして、
もぐもぐ食べる方や、
送り箸でもそもそ食べる方がいらっしゃいますが、
アレはダメ!
蕎麦は、自分の肺活量ですすり上げられる自信がある分だけを
少量箸でつかみ、つゆにつけたら
あとは一気にすすり上げましょう。
こうすることで、口の中にそばの香りと、つゆの出汁の香りが
一気に広がるのです。
今回ももちろん、この食べ方でいただいたのですが、
口に広がるそばの香りは格別でした。

もう一つ、天ぷらは今年も野菜天ぷら。

20131105-4.jpg

山里の天ぷらなのですから、今話題のエビなどいりません。
おそらくは地元の野菜を、普通に揚げた天ぷらなのですが、
これが、野菜の甘みが口に広がり、旨い。
やはりブランドではなく、地のものをその場でいただくのが
何よりのごちそうです。

ということで、今年も幸先良く旨い新そばをいただきました。
来週は、軽井沢で新そばをいただくとしますかね。


気がつけば120万アクセス突破!
さあ、次の節目に向けて、今日も一つ、ポチッとお願いいたします!

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif

池波正太郎がひいきの上田・刀屋

2013年9月18日水曜日 22:28 | 0 Comment | 0 Trackback

今朝も軽井沢は一段と寒い朝。
なんと、朝5時に起きた際には、我が家の温度計は
7℃を指していました。現在も既に10℃を割り込んでいる感じです。
いよいよ秋本番ですね。

さて、秋になると無性に食べたくなるのがそば。
そろそろ早いところでは、新そばの便りが聞こえてきます。
この辺りではまだまだですが、
久しぶりに、無性にうまいそばが食いたくなり、
上田に向かいました。
目指す店はこちらです。

20130918-1.jpg

池波正太郎がひいきにしたという、
上田駅近くのそばの老舗、刀屋さんです。

え~今さら!とお思いでしょうが、
信州を代表するそばの名店です。
我が家も何度となくトライしたのですが、
いつもすごい人が待っていて、
あきらめてほかの店に行っていたのです。

今回は時間にゆとりを持って出かけたので、
持久戦で待ちます。
我が家が行った際には既に3組ほど待っていたのですが、
ちょうど入れ替わりの時間だったようで、
一気に先客が店内に入り、
我が家も程なく入店できました。

さて、初訪なので頼むのはもり。
噂では、ここのそばは盛りがよいので有名な
草笛をも上回る大盤振る舞いのそばらしい。
大盛りなどもってのほかで、小食の人ならば
小で十分との事前情報。
でもせっかくなので、さすがに大盛りはやめときましたが、
普通盛を頼んでみました。ちなみにうちの奥さんは小盛です。

さすがに繁盛店で店内は満席ですが、
手際がよいので、どんどんとそばが運ばれてきます。
程なく我が家の所にも、二枚のそばが運ばれてきました。

ど~ん!

20130918-2.jpg

うわ~、聞きしに勝る凄い盛り。
遙か彼方に見える低い高さのがうちの奥さんが頼んだ小盛ですが、
軽井沢の上品系そば屋では、十分大盛りで通用する量です。

量が多いだけでなく、存在感抜群な太めのコシが強そうな麺。

20130918-3.jpg

以前ご紹介した国分寺そば茜屋さん同様、
無骨な田舎そばです。これは好みの麺。

早速いただきますが、見た目に違わぬ
ワシワシとかみ応えのある力強いそば。
噛みしめるほどに、そばの香りと甘みが口の中に広がります。
さすがは食通で知られた池波正太郎がひいきにしただけのことはあります。
並んで食べる価値がある、実に旨いそばでした。

食べられるかなと思ったのですが、旨かったので完食。
でも、そばを食べたとは思えない、満腹感です。
値段も普通盛は650円と格安。
皆さん並んでも食べたいはずですね。
すっかり気に入ってしまったので、
今度は是非新そばの時期にまた来たいと思います。


気がつけば120万アクセス突破!
さあ、次の節目に向けて、今日も一つ、ポチッとお願いいたします!

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif

カレンダー

2014 May »
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のコメント

アイテム

  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真

Powered by

Powered by Movable Type

ATOMを購読

Copyright © 軽井沢ドリームハウス生活日誌 All Rights Reserved.