軽井沢ドリームハウス生活日誌

HOME > 13信州そば三昧 > 池波正太郎がひいきの上田・刀屋

池波正太郎がひいきの上田・刀屋

2013年9月18日水曜日 22:28 | 0 Comment | 0 Trackback

今朝も軽井沢は一段と寒い朝。
なんと、朝5時に起きた際には、我が家の温度計は
7℃を指していました。現在も既に10℃を割り込んでいる感じです。
いよいよ秋本番ですね。

さて、秋になると無性に食べたくなるのがそば。
そろそろ早いところでは、新そばの便りが聞こえてきます。
この辺りではまだまだですが、
久しぶりに、無性にうまいそばが食いたくなり、
上田に向かいました。
目指す店はこちらです。

20130918-1.jpg

池波正太郎がひいきにしたという、
上田駅近くのそばの老舗、刀屋さんです。

え~今さら!とお思いでしょうが、
信州を代表するそばの名店です。
我が家も何度となくトライしたのですが、
いつもすごい人が待っていて、
あきらめてほかの店に行っていたのです。

今回は時間にゆとりを持って出かけたので、
持久戦で待ちます。
我が家が行った際には既に3組ほど待っていたのですが、
ちょうど入れ替わりの時間だったようで、
一気に先客が店内に入り、
我が家も程なく入店できました。

さて、初訪なので頼むのはもり。
噂では、ここのそばは盛りがよいので有名な
草笛をも上回る大盤振る舞いのそばらしい。
大盛りなどもってのほかで、小食の人ならば
小で十分との事前情報。
でもせっかくなので、さすがに大盛りはやめときましたが、
普通盛を頼んでみました。ちなみにうちの奥さんは小盛です。

さすがに繁盛店で店内は満席ですが、
手際がよいので、どんどんとそばが運ばれてきます。
程なく我が家の所にも、二枚のそばが運ばれてきました。

ど~ん!

20130918-2.jpg

うわ~、聞きしに勝る凄い盛り。
遙か彼方に見える低い高さのがうちの奥さんが頼んだ小盛ですが、
軽井沢の上品系そば屋では、十分大盛りで通用する量です。

量が多いだけでなく、存在感抜群な太めのコシが強そうな麺。

20130918-3.jpg

以前ご紹介した国分寺そば茜屋さん同様、
無骨な田舎そばです。これは好みの麺。

早速いただきますが、見た目に違わぬ
ワシワシとかみ応えのある力強いそば。
噛みしめるほどに、そばの香りと甘みが口の中に広がります。
さすがは食通で知られた池波正太郎がひいきにしただけのことはあります。
並んで食べる価値がある、実に旨いそばでした。

食べられるかなと思ったのですが、旨かったので完食。
でも、そばを食べたとは思えない、満腹感です。
値段も普通盛は650円と格安。
皆さん並んでも食べたいはずですね。
すっかり気に入ってしまったので、
今度は是非新そばの時期にまた来たいと思います。


気がつけば120万アクセス突破!
さあ、次の節目に向けて、今日も一つ、ポチッとお願いいたします!

にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

banner_03.gif

Copyright © 軽井沢ドリームハウス生活日誌 All Rights Reserved.